日系ホテル「ホテルエイシア」

1. 宿泊施設紹介

日本と同じ快適さ

日本式ホテル外観

当ホテルは客室の数からすれば5スタークラスの基準を満たさないかもしれませんが、部屋の備品についてはほとんどは日本のトップメーカーの電化製品を備え、トイレ設備はTOTOを使用しているためフィリピンでは珍しくトイレにトイレットペーパーを流すことができ、スタンダードルームでもバスタブを設置、と中身で勝負しています。

快適なホテル生活

ホテルロビー

・全室光ファイバー完備。ネットがサクサク繋がる(無料)
・全室ウォシュレット付きトイレ
・週3回の無料洗濯サービス付
(付き添いの方の分も含む)
・ケーブルTVは70ch以上、NHKは日本語で
・静寂な日本のエアコン
・セーフティボックス付きで貴重品も安心
(エコノミールームを除く)
・ヘアドライヤー
・冷蔵庫・電気湯沸かしポット
・毎日のベッドメーキング
・タオル、シャンプー、石鹸、
・トイレットペーパー、ティッシュ、スリッパ

バスタブがある!シャワーは熱いお湯がしっかり出ます

浴室(スタンダードルーム)

日本人はやっぱりお風呂。勉強や観光で疲れた時は湯舟に浸かってリラックス♪ゆったりとしたバスタブで心身を癒してください。
当ホテルはスタンダードルーム以上にはすべてのお部屋にバスタブがついており、デラックスルーム以上には手作りの石風呂で深々と入浴できます。
さらに、フィリピンでは珍しく水圧の強い勢いのあるお湯が常に出るシャワーです。

ジムやマッサージでストレス解消

ホテル内にあるトレーニングマシンで運動不足やストレスを解消!ホテル内にはマッサージ施設もあり、日本の指圧マッサージが1時間350ペソ(約800円)で受けられます。

ホテル併設のカレンデリア

ホテル内には本格日本食レストラン「はんにゃ」がありますが、ホテルエントランスの左手にはカレンデリア(小さな食堂)も併設されていて、軽食の他、パンや飲み物、お菓子も買うことができます。パンは1つ5ペソ(11円)からと安くて人気です。

飲み物やお菓子

パン1つ5ペソ(11円)

ギャラリー

ケーブルTV


部屋備品

部屋備品


部屋備品

延泊・前泊について

 1名1泊2名1泊
エコノミールーム1,400ペソ
エコノミープラスルーム1,650ペソ
スタンダードルーム1,800ペソ2,400ペソ
デラックスルーム2,000ペソ2,600ペソ
デラックスプラスルーム2,500ペソ3,100ペソ
スーペリアルーム2,800ペソ3,500ペソ
エグゼクティブルーム3,500ペソ4,300ペソ
ジュニアスイートルーム4,200ペソ5,000ペソ

※ ホテルのゲストとして前泊・延泊は自由に選べます。
その場合は留学生としてではなく、ホテルのお客様として朝食は提供されます。

2. ルームタイプ

スタンダードルームの料金を基準にし、追加料金でデラックスプラス・ジュニアスイートなどのお部屋にグレードアップすることができます。
詳しくは HOTEL ASIA のホームページをご覧ください。

エコノミールーム

セミダブルベッド一つのお部屋です。セーフティボックスはありません。

エコノミープラスルーム

ダブルベッド一つの部屋です。スタンダードよりひとまわり狭くなりますが、エコノミーよりも広いお部屋です。バスタブはなくシャワーのみです。動き回らずに手が届くので快適です。

スタンダードルーム

ダブルベッド一つ、もしくはツインベッドのどちらかが選べるお部屋です。お風呂には、熱いお湯につかれるバスタブがあります。

スタンダード1人使用(1,800ペソ)を基準として

・600ペソ追加/1泊/2人使用の場合 (最初からパートナーがいる事が前提条件)

・1,400ペソ追加/1泊/家族3人使用の場合

さらにハイグレードのお部屋に

デラックスルーム

スタンダードルームより豪華な調度品、石風呂に加え可動式のシャワーがあるお部屋です。

セミダブルサイズベッドとシングルサイズベッドのベッドが2つの部屋、又はダブルサイズベッド1つの部屋のどちらかをお選び下さい。

スタンダード1人使用(1,800ペソ)を基準として

・200ペソ追加/1泊/1人使用の場合

・800ペソ追加/1泊/2人使用の場合 (最初からパートナーがいる事が前提条件)

・1,600ペソ追加/1泊/家族3人使用の場合

デラックスプラスルーム

ダブルサイズベッドとシングルサイズベッドのベッド2つの部屋、またはダブルサイズベッド1つの部屋どちらかをお選びください。

デラックスプラスルームは一部屋3人滞在の場合にセミダブルベッドに比べてダブルサイズベッドとシングルサイズベッドのベッド2つのため、お休みがゆったりできると同時にスタンダードのお部屋より少しお部屋が広くなります。

スタンダード1人使用(1,800ペソ)を基準として
・700ペソ追加/1泊/1人使用の場合

・1,300ペソ追加/1泊/2人使用の場合  (最初からパートナーがいる事が前提条件)

・2,100ペソ追加/1泊/家族3人使用の場合

スーペリアールーム(キッチン付き)

クイーンサイズベッド1つの部屋。このお部屋は二つのベッドを置く構造になっておりません。キッチン付きです。

スタンダード1人使用(1,800ペソ)を基準として
・1,000ペソ追加/1泊/1人使用の場合

・1,700ペソ追加/1泊/2人使用の場合(最初からパートナーがいる事が前提条件)

エグゼクティブルーム

クイーンサイズベッドとシングルサイズベッドのベッドが2つの部屋、またはクイーンサイズベッド1つの部屋どちらかをお選びください。

エグゼクティブルームは一部屋3人滞在の場合にクイーンサイズベッドとシングルサイズベッドのベッド2つの関係でデラックスプラスのお部屋よりベッドが大きく、お部屋も広くなりソファーセットが備わっております。

スタンダード1人使用(1,800ペソ)を基準として

・1,700ペソ追加/1泊/1人使用の場合
・2,500ペソ追加/1泊/2人使用の場合  (最初からパートナーがいる事が前提条件)
・3,300ペソ追加/1泊/家族3人使用の場合

ジュニアスイートルーム(キッチン付き)

クイーンサイズベッドとシングルサイズベッドのベッドが2つの部屋、またはクイーンサイズベッド1つの部屋どちらかをお選びください。

ジュニアスイートルームは一部屋3人滞在の場合にクイーンサイズベッドとシングルサイズベッドのベッド2つ、エグゼクティブルームより広くなりソファーセットと料理のできるキッチンがあります。

スタンダード1人使用(1,800ペソ)を基準として

・2,400ペソ追加/1泊/1人使用の場合

・3,200ペソ追加/1泊/2人使用の場合 (最初からパートナーがいる事が前提条件)

・4,000ペソ追加/1泊/家族3人使用の場合

3. 周辺情報

治安が良い生活に便利なエリア

Capitolと呼ばれるこの地域は、セブ州庁舎などの公的な施設が多く、レストランやカフェも多い、治安が良い、生活を送るうえで便利なエリアです。

レストラン

はんにゃ(般若)ホテル1階
ホテルに併設されている本格和食レストラン。日本と変わらない味が楽しめます。24時間オープン。

STK ta Bay(徒歩1分)
カエアから目と鼻の先です。マグロのカマが食べられることで人気のフィリピン料理レストランです。

Backet Shrimp(徒歩1分)
名前の通りバケツごと出てくる「エビ」「ポーク」「チキン」などが食べられます。

Pearl meat shop(徒歩3分)
韓国料理店でメインはサムギョプサルです。たくさんの前菜がうれしいです。

Golden Cowrie(徒歩6分)
人気のフィリピン料理店です。隣には有名なメキシコ料理店「Mooon cafe」もあります。

McDonald’s(徒歩7分)
ハンバーガーはもちろん、フィリピンのオリジナルメニューもあります。

カフェ

Cardinal Coffea(徒歩1分)
営業時間が朝7時から24時までと長いです。ガラス張りで開放感がある新しいカフェです。

Bo’s Coffee(徒歩2分)
フィリピンではStarbucksと並ぶ人気のカフェです。たくさんの外国人の憩いの場となっています。

買い物

7-eleven(徒歩2分)
飲み物から日用品まで日本と同じように一通りのものが揃います。24時間営業です。

サイバーゲート(徒歩6分)
学校近くのショッピングモールです。レストランも豊富です。

Mercury Drug(徒歩3分)
薬はもちろん、生活必需品や飲み物を買うことができます。

アヤラモール(車で15分)
400店近いテナントが入る巨大ショッピングセンターです。映画館も入っています。

その他

セブドクターズ大学病院(徒歩3分)
セブで最も大きな総合病院の一つです。日本人スタッフが常駐しているジャパニーズヘルプデスクがあります。

周辺地図