英語の微妙な違いを簡単に理解する方法

かなり前にネットで見かけてからよく利用している方法ですが
英語の微妙な違いを簡単に理解する方法を皆さんに共有しましょう。

そこそこ知られた方法なので、知っていたらフーンと思って下さい笑

 

英語にもたくさんの似たような単語がありますよね。

例えば。

「discussion」 と 「debate」  両方とも日本語では「議論」

この違いはフィリピン人講師に聞いても違うと言えば違うけど同じようなものだという返事でした。

 

では、どれくらいの違いがあるかを調べてみましょう。

まず「google検索」で「discussion」を打ち込んで検索します。

次にgoogle検索の上にある「ウェブ」「画像」「動画」・・・・

と並んでいるリンクの「画像」をクリック。

 

すると。

「debate」
4622307_orig
1対1の画像がたくさん出てきますね。

次に「discussion」を調べましょう。

PENTAX DIGITAL CAMERA

「debate」と違ってたくさんの人が出てきますね。

 

見てすぐにわかる通り

「debate」は1対1で意見をぶつけ合う対決に近いイメージ。

「discussion」は大勢で何かについて意見を出し合うイメージ。

この違いはちょっとした違いではなく、まったく違いますよね。
こういう似たような意味の違いを感じるのに「google画像検索」などはとても便利なんです。

他にも、単語を調べる時にも画像検索を使うと案外いろんな発見があるのでおススメです!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です