留学中の初心者が英単語を効果的に覚える方法

フィリピン留学中の英単語学習でよくする方法が単語帳を利用して

「緊張する」⇒「nervous」

のような感じで大量の英単語を覚えようとする暗記方法です。

 

でもこの暗記法の場合、普段自分が使わない難しい単語を覚えて「これ役に立つの?」と考えて飽きてしまい続きませんよね。

実際に使わない単語も多々あります。

しかも、この方法だと実際に話す時には何処にこの単語を置けば良いか?
どうやって使えば良いかが分からないので役に立ちません。

知識を詰め込むだけの日本での学習となんにも変わりません。

 

ならどうするかというと。

そうです。

 

英単語は必ず文章の一部分として覚えましょう。

 

例えば「nervous」⇒「緊張する」ですよね。

I’m nervous.
緊張している、ドキドキしている、不安になっている

He’s a nervous person.
彼は神経質な人です

I got nervous.
私は緊張した

この、とても短い3つの文章でもnervousの使い方が理解できますね。

しかも、nervousのあとにpersonを付ければ神経質な人という意味もあることが分かりました。

 

そして!

もう一つ大事なことは「イメージしながら必ず声にして読む」ことです。

 

自分の周りの誰か神経質な人を思い浮かべながら
He’s a nervous person.

留学で初めてのクラスで緊張している自分の気持ち
I’m  nervous.

全然緊張してなかったけど先生が英語を話した瞬間に緊張したことを思い出して
I got nervous.

などなど。

 

しっかりと口に出すこと、状況をイメージすることは何かを覚える際に非常に効果的です。

 

こんな方法だとたくさん覚えられない!

と、思うかも知れませんが、単語なんて慌ててたくさん覚える必要ありません。

たくさん覚えて知識を増やすことはTOEICやテストなどの得点を取るにはとても重要ですが会話の上達には関係ありません。

覚える数は少なくても自然に使えるように身に付くことの方が重要です。
とりあえず、フィリピン留学中の人は1日の授業で自分の知らなかった単語だけ覚えれば十分です。

先生から出てくる単語=実際に使われる単語なので無駄が少ないです。
 
初心者が単語を使えるようにしながら覚えるにはとても効果的な方法ので試してみてくださいね。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です