新生CAEAはスピーキング特化!

2015年4月から授業の見直しと改革を進めて来ましたが、ようやく形になりました。

CAEA(カエア)はこれまでどこにでもある一般的なバランスを考えた授業を提供していましたが、

スピーキングに特化した学校として生まれ変わります!

CAEAで活用するスピーキングメソッドは、一般的に使われている会話の為のメソッドを日本人向けに改良し、初心者から上級者まで幅広く対応できるようにしています。

これは、ちょっと試しに考えてみたというような適当なスピーキングメソッドではありませんよ。

英会話力を伸ばしたいと考える人に間違いなく応えることができる練習方法です!

さらに。

スピーキング力に大きく関係するリスニングクラスにも効果的な学習方法を取り入れてしまいました!

英会話力を向上させるためにはとにかく「徹底した反復トレーニング」が一番の近道です。

もちろん、ただ繰り返せばいいって訳ではありませんけどね。

なぜこれを行うのか、なぜこうしないといけないのかという目的を知らないといけません。

フィリピン留学では大多数のみなさんが「スピーキング力を上げたい」と希望しています。

でも実際には、これまでのCAEAを含めて多くの学校ではグラマー、ライティング、リーディング、スピーキング、リスニングとバランスを取ってすべての授業を行っています。

短期留学で英会話力を伸ばしたいのに、このような10年先を見越して学習するようなバランス型の授業をしていては英会話力の向上は望めません。
なので!

グラマークラス、リーディングクラス、ライティングクラス
といった一人で出来る学習は希望が無い限りCAEAでは行わないことにしました。

どこかの大学入試を目指すような総合的な授業は他校にお任せします。

といっても、英語の知識力の無い初級者の人はそれなりのインプットが必要です。
この場合は最低限のインプットをフィリピンに来る前に済ませてきてもらうのがベストです!
→ 初心者の学習方法はこちらを見て下さいね。
しかし、すでにある程度の英語の知識力がある方はCAEAで徹底的にトレーニングをしましょう。

中学3年分の英文法力があれば新しい知識なんて授業で自然に入る以外は必要ありません。

正直に言えばCAEAの新しいスピーキング授業はあまり楽しくありません。
頭が英語に慣れるまではどちらかと言えば「修業」です。
SかMかで言えば、間違いなくMタイプの人向きです笑

しかし!

中学文法程度なら知識としてあるという方なら4週、できれば8週続ければかなり効果は高いですよ。

TOEICなどテスト勉強で地盤を作ってきた人ならトレーニングに集中すれば爆発的に伸びます。

また、中学で英語を勉強した記憶がない!
という完全ゼロレベルの人でも年齢にもよりますが、
12週間あれば海外旅行に困らない程度の英語力は付きます。
もちろん、自習含めて1日8時間は最低ラインで勉強しての話ですけどね笑

「いつもきついけど、スムーズに話せたときが楽しい」

という授業に対する感想もありましたが、マラソンを走り切ったときの感想と同じですね。

「走っているときは辛いだけ。でも、走り切った充実感が最高!」

CAEAは全力でみなさんの学習をサポートします。

みなさんにはつらくても、面白くなくてもCAEAで走り切って会話力UPをして欲しいですね!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です