授業中に文法の質問は止めた方が良いですよ

授業中に文法の質問は時間の無駄

前回のブログで「フィリピン留学で文法授業は効率が悪い」と書いていますが、引き続き文法絡みです。

それは「授業中に文法の質問をしない」ということです。

先生の話す英語がすべて理解できるレベルの中級者以上なら良いのですが、主に初心者~初中級者レベルの人は授業中に文法の質問をするのは止めた方が良いです。

先生はレベルに合わせて英語を使い分けている

なぜかと言えば、私達が幼児に話し掛ける時には難しい言葉を避けるように、先生達も初心者には常に簡単な英語を使って話しています。

なので、説明もほとんどの場合で最初の説明が一番簡単なんです。

その簡単な英語で理解できなければ、それ以上説明を聞いたところでドンドンと時間が過ぎるだけです。

留学経験者や留学中の方の中には、文法の授業でもないのに文法の説明を聞いているうちに訳がわからなくなって深みにはまってしまい、悶々としたままレッスンが終わってしまったなんてことを経験した人も多いと思いますが、これは本当に時間の無駄です。

Google先生の方が早い

ではどうすれば良いでしょうか?

これも答えは簡単です。

理解できない部分をサッと飛ばして、授業が終わってから、Google先生で調べましょう。

どうしても気になるなら授業を止めても良いので、Google先生で調べましょう。

???な問題が数分で解決するので、授業を無駄にするより全然効率が良いです。

日本人が「???」となる文法なんて、ちょっとネットで調べれば多くの例文を使いながら丁寧に日本語で説明されているサイトがたくさんみつかります。

いや!そんなことはない!
英英辞書を使ったり、英語を英語で学習した方が勉強になる!

という声が聞こえそうですが、それは読解力がついて、聞き取りの理解が追い付くようになった中級者以上の話ですので、初心者が踊らされてはいけません。

さすがに英語での説明を聞いてもほんの少しは身になるでしょうから100%無駄と言うことは無いですが、やっぱり調べた方が早いです。

先生によってはなんでも質問に答えてくれる「歩く辞書」的な先生も居ると思いますが、「へぇ~」「なるほど~」というその時だけ分かった気になる授業で学習した気になってはダメです。

もう一度言いますが、聞くより調べた方が早いですよ笑

Share