フィリピンへの留学生の数はますます増加中!

セブ 留学生

海外への留学生は減っていて、海外旅行する人も減っていると言われていますが、フィリピンへの留学生は年々増加しています。

フィリピン政府観光省が発表した日本人留学生の数。

2010年   4,000人
2011年 10,000人
2012年 20,000人
2013年 26,000人
2014年 30,000人
2015年   35,000人

2016年 目標50,000人
たった5年で10倍に近い増え方をしていますね。

私がフィリピン留学をした2007年なんて、マニラの有名なショッピングモール街を1日散策しても学生らしき日本人に会うことはまず無かったですし「日本人!」と思ったら同じ学校の生徒だったりした程度でしたので凄い増え方をしているのは間違いありません。

日本学生機構が調査した結果によると日本人留学生は以下のようになるそうです。

2015年の国別日本人留学生数

アメリカ      12,434人
オーストラリア    5,170人
カナダ        4,890人
イギリス       4,262人
韓国         4,217人
中国         3,477人
タイ         2,013人
台湾         1,991人
ドイツ        1,719人
フランス       1,681人
その他       10,278人

あくまで大学や大学生の留学生が対象の結果なので、フィリピンは入っていませんし、社会人留学生なども含まれていませんから完全な比較対照とは言えません。

が、しかし。

英語での海外留学で人気のアメリカ、オーストラリア、カナダ、イギリスよりフィリピンに来ている留学生の方が全然多いことが分かりますよね。

セブで確実に確認できる語学学校でも80校以上あり、1校に20人の日本人が居たとしてもピークシーズンには1500人以上の日本人留学生がいることは間違いありません。

たった4年前の2012年でも、幹線道路沿いを歩いていても日本人に会うと「こんなところを日本人が歩いている」と珍しく思いましたが、今は何処でも日本人を見かけますね。

しかも、残念ながら「危ないので行かないように!」と言われている深夜の繁華街周辺で小奇麗な服装をした日本人女性を見るのも当たり前です。。。
と、そういった話もセブに留学する人が非常に増えたということから起こる話ですね。

一昔前と比べてますます一般化が進んでいるセブ留学には、一念発起の思いで留学をする人よりも英語が趣味と言う人の方が多くなっていますしね。

まだまだ、心配や不安がぬぐい切れないフィリピン留学ですが「狭いセブはどこに行っても日本人見かけるほど日本人が多いんですよ~」というお話しでした!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です