セブ島留学 フィリピンでのATMの使い方

ATM セブ

留学でセブ島に来るときにそこそこ悩む問題の一つが現地通貨の入手方法ですよね。
方法としては下記の3つが多いかと思います。

1.日本円を持ち込んで現地で両替
2.クレジットカードでキャッシング
3.デビッドカードで現地ATMから日本の口座の預金を引き出す

もちろん、手数料が安く済んで何も悩む必要が無いのが1番です。
みなさんが滞在するHOTEL ASIAの各お部屋には頑丈なセーフティーBOXがあるので安心ですが、長期滞在になるとそこそこな現金を持つことになるのでちょっと怖いし、日本からCAEAに到着するまでの間が不安な方も多いでしょう。

※30万円以下程の場合は多くの人が円で持ち込んでいます。

そんな場合は、足りない分のお金をクレジットカードを利用して現地ATMでお金を引き出す事になります。
SONY DSC
その際に、ちょっと不安になるのが。。。
ATMの使い方が分からない!ということですね。
SONY DSC
そこで、ここで簡単に使い方を説明しましょう!

まず、フィリピンのATMでは主に「Plus」または「Cirrus」と記載されているVISAカードが主流です。

1.「ENTER PIN(暗証番号を入力)」と表示されたら、クレジットカードの暗証番号を入力します。4桁を入力した後「ENTER」を押せばOK。
2.「SELECT TRANSACTION(取引内容を選択)」と表示されたら、取引内容を選択します。
クレジットカードでキャッシングする場合も、国際キャッシュカードやデビットカード、「WITHDRAWL(引き出し)」を選択すればOK。
3.「SELECT SOURCE ACCOUNT」の画面では、取引口座を選択します。
・クレジットカードでキャッシングする場合は「CREDIT(クレジットカード)」を選択。
・国際キャッシュカード、デビットカードで預金を引き出す場合は「SAVINGS(預金)」を選択。
4.金額を入力する画面が表示されます。
ここで注意しないといけないのはフィリピンのATMは表示が「0.00」から始まります。
「100.00」は「10000ペソ」ではなく「100ペソ」です。
間違って「100.00」で1万ペソと勘違いして「100ペソ」を引き出してしまう方がそれなりにいるんです!

間違えないようにしっかりと確認してくださいね!!

フィリピンのATMでお金を引き出す場合は基本的に200ペソの手数料が取られます。
要は現地ATMの手数料+日本の銀行の手数料が取られていますので1000ペソや2000ペソだけ引き出すということはとても無駄ですね。

また、フィリピンのATMではシティバンクが最大35,000ペソ引き出すことができる以外は銀行のATMによって10000ペソ~20000ペソまでしか引き出せませんので、無駄に手数料を払わないで済むようにできるだけまとめて利用しましょうね!

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です