セブ島留学CAEA:病院は近くにありますか?

ジャパニーズヘルプデスク

やはり海外ですので「ちゃんと診てもらえる病院があるか?」

これは、重要なことの一つですね。
なので、セブの病院事情をご紹介しましょう。

セブ市内にはいくつか外国人でも満足できる病院がありますが、その中に2つの大きな病院があります。

「セブドクターズホスピタル」と「チョンワホスピタル」です。

どちらもCAEAから徒歩で行けますがセブドクターズは徒歩3分!
困った時はすぐに病院に行けますよ。

そして、両方ともに日本人が常駐している「ジャパニーズヘルプデスク」が設置されていて安心です。
ジャパニーズヘルプデスクでは海外保険に加入していればキャッシュレスで対応してくれます。
海外保険でもクレジットカードの無料付帯の保険でもOKです。
ただ、カード会社などにより、キャッシュレス対応ができない場合もあります。
現在は東京海上日動が提携先になる保険はキャッシュレス対応できません。
どの会社ができないかはカード会社に事前にお問合せ下さい。
その場合は一旦は全額負担となり、日本でカード会社に請求することになります。
同じく、国民健康保険などの場合も全額負担で、日本で請求になりますのでご注意下さい。

CAEAから徒歩3分にある「セブドクターズホスピタル」
Cebu-Doctors-Hospital

病院の入り口横にあるジャパニーズヘルプデスク
DSC02936

病院に行きたい場合は、まずスタッフにご相談下さいね。
スタッフが症状を電話で説明してから予約します。
診療時間: 月〜金 9:00〜18:00 土 9:00〜12:00

万が一、土曜日の午後や日曜日、深夜に体調が悪くなっても24時間緊急受付は空いています。
日本語ではなく通常の病院の受付となりますので、1人でどうしようもない!
という方は、当校ホテルのフロントに伝えて頂ければスタッフがサポートします!

Share