セブ島留学 チップは必要?

セブ チップ

日本には無いチップという習慣。

チップをどうするか?

と考えただけで軽く日本人を緊張させる言葉ですよね笑

実際には日本でも「心づけ」という言葉でチップはあるんですけどね。

心づけは純粋に感謝の気持ちを表すチップですが、海外の場合は感謝の気持ちだったり、サービスへの対価だったり国によっていろんな意味が含まれるので難しいですよね。

そこで、結論から言えば。

「フィリピンにはチップを渡す文化はありません」

しかし、たくさんの外国人がセブに来るようになって、チップを渡すことが当然の国の人達がチップを渡すことが増えてしまい、チップを期待するフィリピン人が増えてしまっているのが現状です。

しかも、フィリピンの場合は残念なことに高級リゾートホテルであっても

「良い仕事をすればチップがもらえるかもしれないから頑張ろう!」

ではなく、

「あの人はチップをたくさんくれるからいっぱいサービスしよう!」

「あの人はチップくれないから親切にする必要ないな。。。」

という、悪い方向へ作用している場合があります。
基本的にフィリピンでは多くの場合において、料金の中にサービス料金が含まれています。

一定以上のレベルのレストランでも、リゾートホテルでももちろん最初からサービス料金が含まれています。

なので、本来はチップを渡す必要が無いのですね。

例えば、セブでチップが必要になる場合(強要含む)

●空港などでポーターに荷物を運んでもらう 20ペソ
(勝手に運ばれてもチップ強要されます。セブ空港でもあります。)

●リゾートホテルで個人的なリクエストをした場合  20ペソ~100ペソ

●タクシーでセブシティ⇔マクタン島のリゾートホテルへ移動する場合。50ペソ~100ペソ
これはドライバーが戻りでお客さんを拾えない場合が多いのでドライバーが相談してきます。
よくボッタくりと勘違いする方がいますが、渡してあげて下さい。

●高級レストランでスタッフに写真を撮ってもらったりいろいろしてもらった場合。
お釣りに小銭があれば置いて行けば良いです。20ペソ~50ペソ。

こんな場合が多いですが、それでも渡す必要が無いと感じるのであれば一切渡す必要はありません。

私自身もフィリピン生活でチップを渡したのは
「本当に助かった、ありがとう!」と感じたときだけです。

雨の日に、私たちが屋根の下で待機している間に外でずぶ濡れになりながらタクシーを捕まえてくれる子供達には10ペソ渡しますが、それはチップではなく仕事への対価として渡していますしね。

なので、日常生活でチップが必要になることはありませんね。

逆に、短期でフィリピンに来た人達が気前よくチップを払ってしまう(誤魔化されて多く払う)ので、現地に住む外国人が生活しづらくなるという事は良くある話です。

CAEAで言えば、生徒さんはホテルに滞在することになりますが、ベッドメイキングへのチップなど必要ありませんし、ホテル内で受けるサービスにもチップはまったく必要ありません。

チップなんて払わなくてもホテルのスタッフはとても親切ですよ!

たまに、空港ピックアップのドライバーへチップを渡しました!
と聞きますがそれも必要ありません。

もちろん、気持ちなので渡したいと思った方は渡してあげてもらってもOKですが笑

もう一度、結論を言いますと。

「フィリピンにはチップを渡す文化はありません」

しかし。
384724885
Under the tableはフィリピンで物事をスムーズに進める為には不可欠です笑

Share