セブ島留学 オランゴ島日帰りツアー

オランゴ

一番気軽に行けるのに案外知らない隠れ家的スポットのオランゴ島をご紹介。

オランゴ島はマクタン島の向かいにあって、自然保護区としてバードウォッチングなどで知られています。

アイランドホッピングなどでツアーをすると立ち寄る島のひとつですね。

オランゴ島の良いところはセブから近いので滞在時間の短い人でもサッと行くことができることが一番大きいです。

マクタン島からバンカーボートで約20分なので、朝一番で行けばお昼ご飯食べても14時頃までには余裕でマクタンに帰ることができますよ。

まず、CAEAから行く場合は、タクシーに乗って「Hilton pier」まで行きましょう。
本当の名前はPunta Engano Pierですが、Hilton pierで大丈夫です。
現在はムーベンピックホテルですが、以前はヒルトンだったのでヒルトンポートなのです。

タクシーに乗って約1時間程で港に到着です。

そこで、バンカーボートの乗船料15ペソを払いましょう。

うん、めちゃくちゃ安いですね笑
そして、下のようなバンカーボートに乗り込みます。

orango04

写真はありませんが、乗り込む時に注意点。
潮の満ち引きの加減で船が乗り場まで近づけない場合があるのですが、その時は膝上位までの水位がある海を歩いてボートまで行く必要があります。

なので、多少濡れても問題ない服装で行くことをお薦めします!

あと、もう一つ。

orango5

正直いつ沈むか分かりません笑

なので、しっかりと救命胴衣の場所を確認して、すぐに取れるように心の準備をしておきましょうね!

オランゴ側の港に到着すると、たくさんのトライシクルが待ち構えています。

orango6

オランゴ島でリゾートと言えば「Talima Resort」なので伝えればすぐにわかります。

料金は200ペソスタートで、最安で100ペソ、頑張って120ペソ位です。

まぁ、頑張って戦っても100円~200円の差なので、適度なところで妥協した方が早いですけどね。

そして、ローカルの生活感溢れる村の中のガタガタ道を抜ければ

Talima Beach Villas & Dive Resort

talima02 talima01

orango-01orango-02

デイユースで利用料金は250ペソ。(2014年調べ)
ベッドやシャワー、プールなどは自由に使えます。
スノーケリングは100ペソでレンタル出来ます。

002_g

レストランは飲み物込で300~400ペソ程になりますね。
質と量からすると少し高めですが、ここだけがリゾートと考えると妥当なところでしょう。

スタッフの応対は非常に気持ち良いですね。
頼んだものが遅かったりしますがフィリピン流なので、それも含めて楽しんで下さい。

あと、回線は不安定ですがWiFiもありますよ。

そして。

このオランゴ最大の魅力は何かと言いますと。
何もない。
 
本当に何もない。
 

そう、ここは何も考えずに心身をリフレッシュするのに最適なんです。

ベッドに転がってビールでも飲みながら本を読む。

海に入って浮かぶ。

その二つ以外することはありません。

穴場的隠れ家というタイトルが本当に似合う場所ですね。

私もオランゴに初めて行ったのはセブ生活1年以上経ってからというくらい知りませんでした笑

そして、17:00が最終便なのでそれに合わせて帰るもよし。

余裕があるなら夜を過ごすのもよしです。

私はまだ泊まったことがありませんが、セブシティからも離れているので星も良く見えるそうですよ。

フィリピン留学で気分が停滞したときはちょっと気分転換に来てみると良いですね!

Share