20代男性「社会人の生徒が多いカエアは、プラスの面が多く,マイナスの面を感じない学校です。」

20代男性「社会人の生徒が多いカエアは、プラスの面が多く,マイナスの面を感じない学校です。」

高鍋 隆太郎さん(28歳)

高鍋 隆太郎さん(28歳)- スピーキング特化6レッスン受講、計5週間滞在

(略歴)
商社に勤務した後、卸売り業者への転職を決意。
次の役職が英語を必要とするため、カエアへ1週間の短期留学。
カエアの環境に魅了を感じ、日本帰国後、再度カエアへの1カ月のリピート短期留学を決める。

>高鍋さんは、なぜ最初にカエアに留学しようと思ったのですか?

カエアには、ホテル一体型、日本食が食べられることなど環境面が良いということもありますが、直接の決め手は「社会人の生徒が多い」ことです。

社会人同士の方が、自分の経験していないようなビジネスライフ等の様々な話を聞けて英語以外の側面でも勉強になると思いカエアを選びました!

>今回2回目の留学ということですが、なぜ再びカエアに留学しようと思ったのですか?

以前留学した際に、社会人の方と話す中で新しい考え方を学べて自分の仕事の面での視野が広げることが出来たのが大きいですね。
また、ホテルが日本人向けの造りとなっているので居心地が良かったのもリピートした理由の一つです。
カエアは、プラスの面が多くむしろマイナスの面を感じない学校だと思います。

>カエアではどのようなカリキュラムを組まれましたか?

ライティング(書く力)よりも、リスニング(聞く力)とスピーキング(話す力)を重点的に学べるように特化したカリキュラムを組みました。
カエアのスタッフの方が、親身に相談に乗ってくれて、時には提案もしてくれるのでより自分が必要なスキルを身に着けられます。
さらに、学校のフィリピン人の先生もアドバイスをくれるのですごく助かりました!

>カエアでは、自習が大切だと聞きましたがどのような勉強をされましたか?

学校の授業が終わってから、授業の復習をしっかり行いました。
カエアは、自習の強制をしないので、自分のコンディションで自習時間を変えられるのが良いですね。

でも僕は、座学より実際にいろんな場所に赴き、現地の人と会って会話をすることに重点を置きました。

>どのような場所で実践的な英語を使えましたか?

学校の友人たちと、土日にオスロブなどのスクールトリップに参加して現地人と仲良くなりました。
会話が通じると実感できたので、英語が喋れるようになっているという実感が湧きました。

仲良くなった現地の友達と連絡先を交換して、そこだけで終わらない関係を築くことが出来たのがうれしいです。

>平日や土日の過ごし方を教えてください。

平日は、カエアの生徒さんと一緒に近場のレストランへ食事をしに行ったりしました。
土日は、出来る限りツアーやアクティビティに参加しました。

平日夜や休みの日の過ごし方などについてカエアのスタッフの方がいろいろアドバイしてくれたので助かりました。
親身になってくれたスタッフさんに感謝しています。

>将来、英語を使って何をしたいですか?

セブに来て視野が広がったことで、新しい夢が出来ました。
次の会社が大豆を扱う会社なので、今後会社で培ったノウハウを生かした事をやりたいです。
具体的には、東南アジアで大豆を使ったビジネスを新しく立ち上げたいと思っています。

セブポットより転載:セブポットのカエア特集はこちら。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です