「マンツーマンレッスンだから効果が高い!」はホントかウソか?

セブ マンツーマン

フィリピン留学のウソとホントの第2弾。

今回はどこの学校でも宣伝している

「マンツーマンレッスンだから効果が高い!」は嘘か本当か?です。

 

結論から言えば、「ホント」です。

ただし、マンツーマンでしっかりとした学習法を持っていれば。
たとえば。

多くマンツーマンを受けられるので話す時間が長い!

これは・・・大嘘の場合が多いですね。

フィリピン留学で提供されているマンツーマンの多くは講師が一方的に説明して終わり、または少し話せる生徒さんの場合は聞かれたことに答えて楽しんでいる間に終わりという感じです。

フィリピン留学ではフリートークになってしまう授業が非常に多いですが、これも意味がありません。

フリートークをして、少しでも英語が伸びるのはフィリピン留学に来た時点でしっかりとした基礎があり、ある程度のレベルで日常英会話ができる中上級者以上のみです。

復習の無い学習は無意味です。
適当に話したことなんて明日には何にも頭に残っていませんよ。

ただ、そんなどうしようもない授業でも講師が日本人の英語に慣れていたり、勝手に推測して話してくれるのでブロークン英語でも、中級者以下でもドンドン英語が通じて話しているような感じで授業が進んでとても楽しかったりするんですけどね。

マンツーマンなので学習したい内容に合わせてアナタだけの授業を提供できます!

これはどうなんでしょうか。

アナタだけに合わせた授業と言えば聞こえは良いですが、

裏を返せば「希望に沿って授業を作るので、毎回講師任せの行き当たりばったり」ってことです。

そういった授業では多くが「英語トリビア」的な知識を教える授業になるので、案外楽しかったりするんです。

しかし、メソッドが無いので基本的には講師は話させればよいと思ってやたらと「Why」「How」などの質問形式で話し掛けてきます。

そして、生徒が適当に答えると、講師が天才的な推測で話し掛けてきて「うんうん!そうそう!」と盛り上がる。

それが永遠に続いて終わりです。

気の利く先生であればそこで「あなたはこう話したけどこう話してね」と、しっかりとした文章を教えてくれるので軽くメモを取れるでしょうが、それでもその時に学習した気分になるだけです。

そんな英語は何時間話しても知恵袋のような知識が少し身に付くだけで英会話力は上がりません。

授業は基本となる教材とメソッドがあり、それをいろんな生徒さんに提供することで授業が洗練されていき、そうして良い授業が出来上がっていきますからね。

 

マンツーマンなので他の人を気にせずに自分のペースで授業ができます!

 

これはどこの学校を選んでもそうなんですが、オープンスペースで授業をしている学校の場合は周囲の声が丸聞こえということもありますね。

そして、多くの学校にグループクラスがありますが、グループクラスなんて効率が悪い以外のなにものでもありません。
マンツーマンが日本や欧米に比べて格安で受けられることが最大のメリットであるフィリピンでグループを受ける理由が見当たりません。

良く他人の意見が聞けるし、違う人が使う英語が学べて良い等という意見がありますが、話せない人が集まったところで他の生徒から得られる物は非常に少なく、結局は講師が適当に楽しませて終わりです。

中上級者や上級者など一定レベルで話せる人が集まるグループクラスでのディスカッションなどは学習として価値があると思いますけどね。

少なくても、グループで交流を楽しみたい人には良いかも知れませんが、学習という点ではマンツーマンに大きく劣ります。私なら学習ではなく、交流を楽しみたい人には多国籍なマレーシアやマルタをお勧めしますね。

という訳で、マンツーマンならなんでも良いのではなく、しっかりとしたメソッド(教授法)があるからこそ効果が高いということが非常に大事なポイントですね。

 

学校選びのポイントとして参考になれば幸いです!

フィリピン留学  嘘と本当の注意点 ②でした。

Share