英語がまったく話せません。大丈夫ですか?

大丈夫です。CAEAは完全マンツーマンの授業カリキュラムです。生徒のレベルに合わせてプログラムを作成しますのでご安心ください。

欧米留学との違いを教えてください。

欧米留学は人件費の関係で全てグループクラス、フィリピン留学は多くがマンツーマンレッスンです。グループクラスの場合、例えば15人のグループクラスで50分の授業を受けた場合、講師がほとんど話し教えます。生徒が話す時間はほとんどありません。たまにあったとしても、とくに日本人の場合、他の生徒に遠慮しがちな方も多く、勢いのある他国の生徒におされてレッスン中ほとんど英語を話せず、結局、1日6時間のレッスンでほとんど英語を話さなかった、ということも珍しいことではありません。スピーキングの能力を伸ばすためには、スピーキングの練習時間を多く取る必要があるのは言うまでもありませんが、欧米留学ではスピーキングの練習時間が絶対的に不足しています。
一方、マンツーマンレッスンの場合、自分がスピーキングをする時間を充分にとれますし、他の生徒を気にすることなく自分のペースで話すことができます。レッスン中3分の1~2分の1の時間を生徒が英語を話したとした場合、1日6時間のレッスンで約120~180分英語を話すことになります。欧米でのグループレッスンと比較すると100倍とまでは言えなくとも、何十倍ものスピーキング練習をすることができることになります。スピーキングの能力を伸ばしたいのであれば、フィリピン留学が絶対的です。
しかし多くの方は欧米の環境の中に入ったらたくさん英語を話さざるを得ない環境になるのでスピーキング能力が向上すると考える様ですが、もしそうだとすれば1日20分、30分の会話をどんな人とできるでしょうか。結果として学校でもプライベートでも同国人どうしのグループになっていきます。
ただ 欧米の文化を味わってみたいのだと言う人でも、上、中、下の会話のレベルの中でも最低、中の中程度のレベルと外交的で積極的な性格の人であれば費用に見合う可能性があるでしょう。

ビザは事前に日本で取る必要がありますか? 費用はいくらですか?

日本パスポートをお持ちの方は事前のビザ取得は必要ありません。ビザ無しで渡航し、30日以内のフィリピン滞在であればビザ無しのまま帰国できます。31日以上の滞在ではビザ延長が必要ですが(延長価格は費用のページをご覧ください)、学校が手続き代行いたしますので手間はかかりません。

年齢制限はありますか?

生徒としての受入れは6歳以上からとなります。
16歳以上からは単独での受入が可能ですが、16歳、17歳は保護者の同意が必要となります。
18歳以上は同意は必要ありません。

セブの治安はどうですか?

2014年のセブ島への観光客は統計によると年間約310万人と言われています。そのような意味でも、セブは比較的治安の良いところです。
マニラやミンダナオの一部は確かに安全とは言い切れない部分がありますが、セブは観光地として発展し、フィリピン政府も治安に力をいれています。2013年から2014年には観光者や留学生が急増し、その評価は高まっています。しかし、そうは言っても外国ですので十分な注意が必要です。
フィリピンは貧富の差が激しく、私たち日本人は全員が金持ちだと思われています。
夜間の一人歩きはもちろん、目立つような格好をして歩くのは避けましょう。
なお、当校はホテル内にあります。もちろんセキュリティーは万全です。

発展途上国で日本と同じように生活できますか?

びっくりされるでしょうが下記のようなホテルや建物がこのフィリピンでは当たり前です。
● フィリピンは発展途上国です。一流ホテル以外のトイレではトイレットペーパーが詰まるので流せない、その為使用後のペーパーはゴミ箱に入れ、一杯になって捨てる迄ニオイ等非常に不潔に感じる。
●フィリピンでは一般的にバケツに入れた水で体を洗う習慣です、その為ホテルやコンドミニアムではお湯の温度がぬるま湯または水、お風呂そのものがない事が普通、勿論一流以外でもお湯の出るホテルはたまにあります。
●フィリピンの殆どの人たちはエアコンの生活を知らないので直接ベッドの方向へ冷風が来る事があり日本の家庭で使われている音の静かなタイプではなく音のうるさいウインドウタイプがほとんどで寝る時にうるさい。
●ベッドは柔らかければ良いと思っているので寝心地が良くない。
●隅々まできれいに掃除する、メンテナンスをする等の考え方を持っていないので大体3年でビル全体の品質が格段に落ちる。
●この国の建物、ホテル、コンドミニアムは以上の事が必ず複合的に存在している事が先進国の人には問題です。しかし当校は日本人監督のもとで日本資本によって建てられたセブでは唯一のホテルです。又、創業以来ずっと日本人が管理しておりますのでなんら日本と変わりません。
●発展途上国フィリピンの利点は英語などをマンツーマンで安く勉強できる事と日本人と違って外国人に慣れているのでどんな国民とも気軽に話せ、又付き合える習性を持っています。

水や食べ物は大丈夫ですか?

水道水は飲めません。
必ずミネラルウォーターを飲んでください。教室には無料のお水を設置しています。
食事は、ほとんどのレストランなどは大丈夫ですが、露天に近いお店はおすすめできません。当校で提供する食事は長年の経験を持つ日本食レストラン「はんにゃ」のものですのでご安心ください。
衛生面には万全を期しております。

病気になった場合はどうするのですか?

海外旅行保険もしくはカード保険を使用して受診します。
病院は、歩いて3分のところにセブでも一、二を争う信用が高い大きな病院セブ・ドクターズ・ホスピタルがあり、日本人スタッフが常駐するジャパニーズ ヘルプデスクが利用できます。
ここは何かあれば、すぐに対応してくれますし、予約を取れば待ち時間もありません。外国ですので症状が軽い場合でも簡単なチェックを受けることをおすすめ します。また、同様に大きな病院チョンワホスピタルも歩いて7分ほどのところにあります。(カード会社によって補償内容が違いますので事前にご自身で補償 内容がご自分の納得できるものかをご確認ください)
ホテルは24時間真夜中の緊急時でも貴方のリクエストに対応します。

どんな病気になりやすいですか?

下痢、風邪が多いです。
個人差はありますが、多くの方がその洗礼を受けるようです。
下痢は水の違いからくるものです。この国の水は日本と違って硬水です(日本の水は軟水)。慣れれば治ります。 風邪はエアコンの使い過ぎによる気温差が原因であることがほとんどです。

お金はどのように持って行ったらいいですか?

日本円の現金を持ってきて現地の両替所で換金する方法、あるいは、国際キャッシュカードを使って現地のATMで現地通貨を引き出す方法、のいずれかが一般的です。
セブには「Plus」や「Cirrus」のATMが多数ありますので、多額の現金を持ち歩かないで済む国際キャッシュカードの方が安心かと思われます。ホテルの近くにもATMがあります。なお、エコノミールームを除いて各部屋に貴重品を管理する金庫が付いています。
トラベラーズチェックはフィリピンではほとんど使用できません。

何日前まで申し込みできますか?

1週間前でも空きがある場合は可能です。
ただし、パスポートの有効期限が滞在日数+6ヶ月以上あること、見開きで1ページ以上の空きがあることなど、フィリピンへの渡航条件が揃っているかどうか はご自身でご確認ください。

洗濯物はどうしますか?

無料でランドリーサービスがご利用できます。
毎週3回 月、水、金 の午後5:00~午後9:00の間に受け付けています。フロントに電話をすればハウスキーパーが引き取りにきます。出したくないものについては洗濯場があ りませんので自分の部屋にて手洗いでお願いします。なお、高価な物などに関しましてはご遠慮ください。ホテルにはコインランドリーや洗濯機はありません。

生徒用のパソコンは使えますか?

学生が使えるパソコンは学生ルームに設置していますが、利用時間は学校のオープン時間のみとなります。

日本の電化製品は使えますか?

フィリピンは220ボルトの60ヘルツで、日本と同じAタイプのプラグ形状が一般的です。
電圧は220ボルトで日本と異なりますのでご注意ください。各部屋にはヘアドライアーが備え付けてあります。また、ノートパソコンやデジタルカメラ等は 100-240V対応の製品が多いですが、使用に関しては必ずその製品の使用説明書や充電器・ACアダプタの記載をチェックして何ボルトまで対応している かをご確認ください。

電話は使えますか?

有料ですが日本にかける場合は、各部屋から直接かけることができます。
また、日本にいるご家族や友人があなたの部屋にかける場合はフロントがおつなぎします。ただし、フロントは英語対応のみとなります。
当校には高速回線の光ファイバーによるインターネットがありますので、スカイプやLINEのインターネット電話を利用して無料で通話ができます。 スカイプ電話などでは日本の固定電話や携帯電話にも市外電話並みの料金でかけられます。

携帯電話について教えてください。

日本の携帯電話については海外で使用できるように携帯電話会社とご相談ください。
フィリピンで携帯電話は1000ペソ以下で購入することもできます。登録の必要がないプリペイドタイプですので長期滞在者で友達同士の会話やメールにはお 安く便利ですのでお勧めです。 SIMフリーのスマートフォンであればフィリピンのSIMカードを挿せば使えますし、こちらで安いスマートフォンを購入すれば機種により日本語入力も可能 です。

現地での留学期間延長は可能でしょうか?

部屋の空きがあれば延長は可能です。 予約順となりますので、すでに滞在されているからという理由での優遇はありません。なるべく早くご予約ください。

入校、卒業は平日でも可能ですか?

基本的には日曜日チェックイン、土曜日チェックアウトとなりますが、受入れに余裕がある限り日曜、平日のチェックイン、チェックアウトも可能です。

TOEIC、TOFEL、IELTSを受験できますか?

可能です。ただし、学校では手配しておりませんが、インターネットで簡単に申し込むことができます。

ベジタリアンですが、食事の対応はできますか?

当校の食事は日本食レストラン「はんにゃ」の食事となりますので、メニューの中からベジタリアンフードを選んでいただくことが可能です。もちろん、この料理からこの食材を抜いて欲しいというご希望にもお応えできます。