以下の動画は当校のリスニング授業の1つです。

 

会話では聞く事ができないと会話が成り立ちません。フィリピンであらゆる英語の基礎を学習するのは非常に効果的ですが、フィリピン人講師が話す分かりやすい英語だけを聞いていてもネイティブの英語が聞き取れるようにはなりません。
リスニングクラスでは色々な音源を利用しつつ、日本人が英語を聞き取れない原因でもあるシラブル(音節)やリエゾン(音の繋がり)に焦点を当てているので確実にリスニングスキルが向上します。

以下の動画は当校のスピーキングメソッドの1つです。
この授業は生徒の会話能力とリスニング能力を効率よく上げることができます。

CAEA(カエア)では「瞬発的に話す為のトレーニング」と「記憶に定着させる反復練習」で初心者から上級者まで効果が実証されているスピーキングメソッドをCAEA独自にアレンジして活用しています。
読めば「頭では理解できる英語」を「実践で使えるようにする」には、話せるようになるための徹底した基礎トレーニングが必要です。また、メソッドを使えば、基礎の無い初心者でも反復練習を行い使える英語を身に付けるための効果的なトレーニングができます。
「話せるようになる為にフィリピン留学を選んだのになぜか授業では聞いたり書いたりしてばかり。。。」
こんなことにならないように徹底的に英会話のトレーニングを提供しているのがスピーキングに特化しているCAEAの特徴です。

CAEAではフォニックスを利用して発音矯正を行います。
まずは母音と子音を一音づつ徹底的に発音矯正を行いカタカナ英語から脱出しそのあとに文章レベルでシラブル(音節)やリエゾン(音の繋がり)を意識しながら発音矯正を行うことで、日本人訛りでもネイティブに通じる発音を手に入れることができます。

発音をしっかり身に付けることでスピーキング力のUPはもちろんリスニング力やリーディング力も上がります。

 

英会話の基礎のトレーニングをしながらも、英語で考え即座に書けるライティング学習はかかせません。日本人は英語の読み書きは出来ると言いますが、実際には多くの人が極簡単な文章も正しく書けません。「正しく書けないことは、正しく話せていない」ので、話したいことを文章にするインプット学習は非常に重要です。

授業では一つのトピックについて数分の準備をし、レベルにより1分~3分のスピーチを録音し、それを聞き返しながら添削します。自分が普段使わない言い回しやよりシンプルに伝わる文章など、講師がよりよい内容にしてくれますので、確実に英語力の上昇に結びつきます。

self-study

CAEAではグラマークラスは希望が無い限り行いません。
なぜなら文法学習は講師が居なくても自習時間と教材があれば1人ですべて学習することができるからです。しかし、多くの人は強制されないと自習できませんのでレベルに合わせた課題を出しております。また、初心者には日本人スタッフがチェックし学習をサポートをしています。