セブ留学 セルフチェックで自分の英語力をしりましょう!

問合せの際に生徒さんにレベルを聞くと多くの方が「初心者です!」との申告があります。
しかし、実際には生徒さんによって初心者の基準が違い過ぎて参考にならない場合がほとんどなんですよね。

初心者です!→TOEIC850
初心者です!→先生の言っていることくらいは分かる
初心者です!→大学受験で英語を勉強していた

フィリピン留学であればどの人も初中級クラス以上です。

本当の初心者は「中学で勉強した記憶もない人」などです。

なので、ざっと簡単にセルフチェックをできるように基準を書いてみますので、自分の英語力を聞かれた際の参考にどうぞ。
文法力

超初心者:まったく何も分からない

初心者:中学1年程度の文法なら理解できる TOEIC250 英検4級

初級者:中学2年程度の文法なら理解できる TOEIC400 英検3級

中級者:中学3年程度の文法なら理解できる TOEIC600 英検2級

上級者:大学入試レベルの長文読解ができる  TOEIC800 英検準1級

ビジネスレベル:本格的に英語の学習をしている TOEIC900 英検1級

 

スピーキング力

超初心者:「ありがとう」「おはよう」程度しか話せない

初心者:海外で買い物程度なら単語でなんとかなる

初級者:聞かれれば短い1文で簡単に返事はできるが会話にはならない

中級者:「どこで何をした」「何があって楽しかった」など出来事を簡単に説明できる。

上級者:意見を聞かれたら100%ではなくても自分の意見を言える

ビジネスレベル:時事問題などでも事前準備無しに会話ができる。

 

リスニング

超初心者:知っているはずの単語も外国人が話すと聞き取れない

初心者:知っている単語はたまに分かるが文章は聞き取れない

初級者:アジア人の英語や教材の音声であればなんとなく聞き取れる

中級者:教材の音声やアジア人が自分に向けて話す英語であればほぼ聞き取れる

上級者:ネイティブスピーカーの英語でも自分に向けて話す英語であればほぼ聞き取れる

ビジネスレベル:TVや映画の英語でもほぼ聞き取れる

 

あくまで、目安なので細かいところは抜きにしてくださいね笑

細かくすると、各レベルでも3段階くらいには分けられますので。

例えば中級者のLowレベル、Middleレベル,Highレベルなど。

 

この文法力、スピーキング力、リスニング力のセルフチェックをすることで、

自分に何が足りないか?

何を重点的にすれば良いか?

などが見えてきますので非常に重要です。

 

スピーキング力向上を専門としているCAEAで言いますと、

スピーキングが中級者までの人は、留学を始めるまでの期間に中学3年間の文法学習を徹底的にして、留学中はスピーキングのトレーニングだけに集中できるようにしておいた方が効率よく英会話力を伸ばせます。

初心者の学習教材はこちらのブログ。

スピーキングが上級者以上の人は、完全に受け身状態で行けば教えてもらえるだろうという姿勢ではなく、自分で何を話したいのか明確に決めて、その為の題材を留学前にしっかりと準備しましょう。

上級者のセブ留学利用法についてはこちらのブログ。

 

ということで。

まず、セルフチェックをして自分の現在地、留学期間中の目標を決めましょうね!

(Visited 479 times, 1 visits today)

Follow me!