フィリピン人の良いところ悪いところ

今回は、フィリピン人の長所と短所についてお話したいと思います。

当然ですが、フィリピン人なら誰でも同じということではありませんし、人にもよるということを前提におおざっぱなイメージでとらえて下さいね。

個人的には、ほとんどの人に当てはまるとは思っていますが。。。

家族思いが凄い

フィリピンの人達の家族愛は本当にすごいです。
日本人の感覚では考えられない人が多いと思いますが、何を置いても家族優先です。
家族の誕生日は仕事を休むなんてことは当然ですし、仕事が忙しく、家族の時間が取れないのであれば仕事を辞めるのが当たり前です。家族が幸せになるのであれば1人で外国に出稼ぎして、収入のほとんどを家族に送金するということも当然です。
ただ、そうやって家族にお金を送っていることによって、家族が何の労働もしなくなり、ただお金を使って遊ぶだけになってしまうことが多いのが残念なところですね。

とにかく明るくて陽気

何もないときでも突然歌ったり、幼稚園児がするようなゲームでも全力で取り掛かり、本当になんでも楽しそうにしています。
ショッピングモールのカラオケ機材を売っているところでは、常に店員がカラオケをしていますし、うまい店員が歌えば周りも盛り上がっています。
また社交的なので、誰に話し掛けてもすぐに打ち解けてしまいますね。
しかし、知らない外国人に積極的に話しかけてくることはほとんどないので、話しかけられた時は裏があると考えて最大限の注意が必要です。

素直さ・単純なことに大きく喜んでくれるところ

これは良いところか悪いところか分かりませんが、すぐにバレそうな小学生レベルの嘘でも素直に信じてしまいます。なので、ちょっと冗談で子供のような嘘をつく場合にもバレやすく言わないと信じたままトラブルになることもあります笑
また、日本人に言ったらバカにされるような親父ギャグでも本気で喜んでしまいます。
笑いの沸点が低いのもフィリピン人が陽気な理由だと思いますね。
特にプレゼントなどはどんなモノをあげても心底喜んでくれますよ!

英語の能力が高い

さすがに英語が公用語になっているだけあって英語力は本当に高いです。
世界中からコールセンター業務を依頼されているほどですから、ビジネスレベルの英語力がある人もたくさんいます。
しっかりとした教育を受けていない層の人達でも話すのはダメでも最低限の英語は聞き取ります。
東南アジア圏では、観光地や外国人が訪れるようなお店以外は英語が通じない人が多いですが、フィリピンではほぼ誰に話し掛けても大丈夫す。ただ、学校の先生のように日本人の発音に慣れていないので、カタカナ発音の場合は通じません。

計算に弱い

一流と言われる大学を出ていても計算が非常に弱いです。
大人でも九九やちょっとした暗算は怪しい人の方が多いくらいですね。
先生達でも「私は計算ができないから英語の先生をしているの」と言います。
一度、24時まで営業しているマッサージ屋さんに22時10分に入店して90分コースをお願いしたら、レジスタッフとマッサージスタッフ2名が指で数えて相談の結果「24時までに終わらないからダメ」と言われ一緒に計算したこともあります笑

お金や生活に計画性が無い

フィリピンの給料日は基本的に2回あります。
どうしてかというと、1回の給料にしてしまうと1ヶ月経たない間に使い切ってしまうからです。
給料日の翌日には所持金が半分になっているなんてことも珍しくありません。
特に独身の人達は月2回の給料にしても給料日の2~3日前にはお金が無くなってしまい誰かから借りるはめになる人も少なくありません。
なので、一昔前のフィリピン留学では先生が生徒からお金を借りるなんてことが頻発していましたが、最近では管理がずさんな学校に行った生徒さんからしか聞きませんね。

時間にルーズ

教育を受けた先生レベルでもしっかりと社会でトレーニングを受けたことが無ければ本当にルーズです。
約束の時間に来ないので「今どこにいる?」と聞いても「向かってる」としか言いません。
30分待っても来ないのでもう一度連絡すると「向かってる」と同じ返事をしてきます。
「向かってるじゃなくて、どこにいる?」と聞いたら「タクシーが捕まらなくて今タクシーに乗った」。
待ち合わせ時間の段階では、まだ向かっていなかったことが簡単に推測できるパターンですね笑
ただ、日本と違い時間に正確な公共交通機関も無いですし、道路などのインフラも本当に酷いです。
セブでの生活に慣れていても時間通りに動くことは結構難しいので一概にルーズとも言い切れません。

ここはフィリピン

他にもたくさんの良い面、悪い面がありますが、どうしても悪い面を見てしまいがちです。
しかし、ここはフィリピンであり、私たち外国人はフィリピンにお邪魔させてもらっている立場なのを忘れてはいけません。
フィリピンの人達からすれば「私達と付き合うことがストレスなら自分の国に帰れば?呼んでないのに勝手に私たちの国に来て何言ってるの?」というだけの話です。
彼らには彼らの習慣と時間の流れがあり、こちらがそれに合わせるのも大事なことでレベルが低いなどと見下すことはおかしいですしね。

などと言いながら、私もまだまだフィリピンでは「怒ったら負け、イラついたら負け」と毎日精神修行を行っている状態ですけどね笑

(Visited 242 times, 1 visits today)

Follow me!